Select Page

台湾最古の灯台で、異国気分を味わえる?「漁翁島燈塔」

台湾最古の灯台で、異国気分を味わえる?「漁翁島燈塔」

澎湖(ポンフー )本島エリアで本島に続き二番目に大きな島「西嶼(シーユー)」。この最西端には、台湾で最も歴史の長い灯台がそびえています。

ここには、なんと1778年つまり250年近くも前から灯台が立ち、海上の交通を見守ってきたのです。もちろん、今でも夜になると煌々とした灯りを澎湖の海域に放っています。

ポンフーの漁翁島燈塔-ラブポンフー

残念ながら、現在の灯台は2代目のもので、1代目の面影は全くありません。が、なんとこの灯台も台湾で最古の西洋式の灯台であり、1875年に完成したものが今でも使われています。

こちらも150年近い歴史があるというわけですから、いかに澎湖の海上が船乗りにとって大切なものだったのかが伺えます。

敷地内は真っ白に統一されており、建物も全て西洋式のため、一瞬ここが台湾の離島であるということを忘れてしまうかもしれませんね。

ポンフーの漁翁島燈塔-ラブポンフー

更に、立ち入り禁止になっている扉の先を覗くと…

ポンフーの漁翁島燈塔にある十字架-ラブポンフー

不思議なことに十字架が。一説によるとこの灯台の建築家のお嬢さんが伝染病で亡くなってしまったため、その葬いのために建てられたとのことですが、真相は定かではありません。この謎の十字架もまた異国情緒を誘います。

敷地内には3つ並んだ大砲もあります。こちらは敵を迎え撃つためのものではなく、霧が出てきた時に音で灯台の場所を伝えるための「霧笛」です。

ポンフーの漁翁島燈塔の霧笛-ラブポンフー

現在はレーダーが発達したので使われることはありませんが、これらの霧笛もまた往年の姿を忍ばせます。

その他、いくつかの建物がありますが、そのうちの一つは資料館として開放されています。

ポンフーの漁翁島燈塔の灯台資料館-ラブポンフー

中には、漁翁島燈塔のミニチュア模型が展示されており、その周りに台湾中の灯台の場所を示した地図と、その写真が展示されています。

ポンフーの漁翁島燈塔の灯台資料館-ラブポンフー

岬マニア、灯台マニアにはたまらない資料館となっています。

ちなみに、1代目の灯台はこのような形をしており、灯台の前には海の女神様「媽祖」を祀った小さなお寺がありました。

ポンフーの漁翁島燈塔の過去の灯台-ラブポンフー

出典:National Geographic

このお寺は現在の灯台に建て替えられる際に取り壊され、中に安置されていた神像は地元の道教のお寺と仏教のお寺に寄進され今でも大切にされています。

なお、駐車場から灯台の敷地内までの間は現役の軍事施設の中を通る形になります。そのため、その区間は撮影が禁止されており、また施設を覗き込むことも厳重に禁止されていますのでご注意ください。

そうそう、今では白亜の灯台になっていますが、中国との関係が緊張していた時期にはなんと迷彩柄だったこともあるんです!

ポンフーの漁翁島燈塔が迷彩柄だったころの写真-ラブポンフー

出典:Taiwan Today

何も知らずに見に来ると、普通の灯台にしか見えませんが、実は敷地内のものそれぞれにストーリーが隠されています。

ただ写真を撮って去るのではなく、ぜひそれぞれの昔の姿を思い描いていただければと思います。

たまに軍人が飼っている犬が吠えますが、それに構っていると機関銃を携えた兵士に注意されますよ。迫力満点で怖い?

漁翁島燈塔 詳細情報

ポンフーの漁翁島燈塔-ラブポンフー

  • エリア:西嶼
  • 場所:881澎湖縣西嶼鄉外垵村195號
  • アクセス:

    車/電動バイク:市内からから約50分(電動バイクなら約2時間) 西嶼方面に進む→西嶼に到着後もまっすぐ進む[到着]

    バス(外垵線):市内から約1時間35分(乗車時間1時間15分・徒歩20分) 外垵西站で下車→西に進む→坂を登る→更に進む[到着]

    バス(台湾好行):ルートに含まれており、見学時間は20分。

  • 営業時間:9時00分~18時00分(毎週月曜日は未開放)
  • 所要時間:30分
  • 料金:無料

ラブポンフーへのお問い合わせは、メール・LINE・お電話で受け付けております。
お気軽にご連絡ください!

Love Penghu とは?

  • 澎湖(ポンフー)は、台湾にある美しい離島。Love Penghu は、澎湖在住の日本人ガイドによる、澎湖を楽しみたい皆様のためのガイドブックです。

澎湖(ポンフー)エリアマップ

台湾最古の灯台で、異国気分を味わえる?「漁翁島燈塔」 | ラブ ポンフー