ページを選択

無料で楽しめるミニミニ水族館「水産種苗繁殖場」

無料で楽しめるミニミニ水族館「水産種苗繁殖場」

澎湖(ポンフー)には立派な水族館もありますが、入場料が大人300元とちょっとお高めです。そこで、できればリーズナブルに澎湖の海のことを知りたいという方にオススメなのが、澎南エリアの嵵裡(スーリー)にある「水産種苗繁殖場」通称「種苗場」です。

水産種苗繁殖場

この施設の1階では海洋生物の養殖を行っており立ち入り禁止なのですが、この施設の2階には1階の様子を見下ろせる場所や、養殖している生物を観察できる水槽、ふれあいコーナー、様々な資料が展示されています。

水族館と比較すると小規模ではありますが、無料で手軽に楽しめるので、澎南に来たらぜひ訪れたい場所です。

水産種苗繁殖場

1階も扉が開いていたら中をちょっとだけ覗けることもある

水産種苗繁殖場

2階の窓から1階の養殖池の様子を見下ろすことができる

水産種苗繁殖場

展示物はインフォグラフィックを多用しているので中国語が分からなくてもなんとなく理解できるはず

水産種苗繁殖場

ずらりと並んだ水槽には養殖中の稚魚がたくさんいて可愛らしい

水産種苗繁殖場

「ニモ」ことカクレクマノミも。体の色がオレンジではなく黒いのは珍しいのだそう。

ふれあいコーナーには、ヒトデやナマコ、ウニなどがいます。こちらの生物は定期的に入れ替えがあるので、珍しい時にはカブトガニの子どもがいることも!

ウニは貝殻を体にくっつけて隠れているのが可愛らしいですね。でも貝殻をとるとウニは不安になってしまうので取らないであげましょう。

また、生物に触る前には必ず手を洗ってください。手洗い場はふれあいコーナーのすぐ横にあります。触るあとだけでなく、触る前にも手をきれいにしてくださいね。

水産種苗繁殖場

カブトガニがいるのを見たのは一度だけ。運が良ければあなたも見れるかも?

水産種苗繁殖場

こちらは養殖用のサンゴ。社会科見学で訪れた地元の子どもたちがたまに養殖サンゴ作りをしているようだ。

さらに3階には嵵裡ビーチを一望できるテラスもあります。海の目の前なので景色は抜群ですし、夏でも海風が吹いてとても快適です。

カフェ風のテーブルとチェアまであるので、近くのセブンイレブンでコーヒーを買ってここでのんびりと飲むのもいいですね。

テラスからは、「桶盤嶼(トンパンユー)」と「虎井(フージン)」という離島が見えます。どちらも馬公の港からわずか15分ほどで到着する離島で、美しい柱状玄武岩があります。どちらの島も人口は少ないですが、小学校のある有人島です。

水産種苗繁殖場

隠れ家的テラスからは海が一望できる

水産種苗繁殖場

写真の左奥に見える砂浜が「嵵裡ビーチ」だ

水産種苗繁殖場

2階には漂流ゴミをアートに蘇らせた作品が展示されている。どれも長年ビーチクリーン活動をしているO2labによる作品だ。

水産種苗繁殖場では、怪我をしたウミガメや自力で孵化できなかったウミガメの保護活動もしており、成長したウミガメを嵵裡ビーチに放流することも。

そうした活動が実を結び、近年では嵵裡ビーチに産卵にやってくるウミガメが増えています。ウミガメの卵の周りには柵が張られていますので、皆さんも嵵裡ビーチで遊ぶときは気をつけてくださいね。

今回ご紹介した水産種苗繁殖場は、無料で澎湖の海洋生物と触れ合えるお得な施設です。また、館内の色々なところにある漂流ゴミを利用したアート作品にもぜひ注目してみてください。

澎湖県政府農漁局水産種苗繁殖場 詳細情報

水産種苗繁殖場

  • エリア:澎南
  • 場所:澎湖縣馬公市66之6號
  • アクセス:

    車/電動バイク:市内からから約20分(電動バイクなら約40分) 204号線を空港方面に進む → セブンイレブンのある交差点で右折し201号線を澎南方面に進む → 道なりにずっと進む → 途中で左側に農會スーパーがあるY字路があるので、そこは右側の風櫃方面に進む → セブンイレブンが右側に見えたら間も無く[到着]

  • 営業時間:9:00〜17:00(不定休)
  • 所要時間:20分
  • 料金:無料

ラブポンフーへのお問い合わせは、メール・LINE・お電話で受け付けております。
お気軽にご連絡ください!

Love Penghu とは?

  • 澎湖(ポンフー)は、台湾にある美しい離島。Love Penghu は、澎湖在住の日本人ガイドによる、澎湖を楽しみたい皆様のためのガイドブックです。

澎湖(ポンフー)エリアマップ

無料で楽しめるミニミニ水族館「水産種苗繁殖場」 | ラブ ポンフー