Select Page

沖縄だけじゃない。澎湖(ポンフー)にもたくさんある石敢當

沖縄だけじゃない。澎湖(ポンフー)にもたくさんある石敢當

「石敢當」をご存知でしょうか? 石敢當は簡単に説明すると『魔除け』のことで、日本にあるほとんどの石敢當は長方形の石版に「石敢當」と書いてあります。日本では沖縄の三叉路や丁字路に置かれていることが多いので、ご存知の方もたくさんいらっしゃると思います。沖縄では、魔物「マジムン」が直進する性質があると考えられており、三叉路や丁字路の突き当たりにやってくると壁をすり抜けて向かい側の家に入ってしまうと信じられています。そこで突き当たりに石敢當を置くことで魔物の侵入を防いでいるというわけです。

石敢當が沖縄の文化だと思われている方もいらっしゃるかもしれませんが、実は石敢當はもともと中国から来た文化です。そのため、中国文化の影響を強く受けた台湾にも石敢當が存在します。効果は沖縄のものと同じで魔除けです。そして澎湖(ポンフー)は、台湾の中でも石敢當の数がもっとも多い地域で、実に663個もの確認が確認されています。

なお、澎湖の石敢當は寺院によって設置されたものと個人が設置したものの2種類があります。設置された理由は場所によって様々ですが、神様のお告げによって置かれたものもたくさんあります。神様のお告げなんてどうやって聞くの? と不思議に思う方もいらっしゃるでしょう。信じられないかもしれませんが、神様のお告げは澎湖では現在も健在で、寺院の建て替えなど重大なことは神様が人間に乗り移ることで人々に伝えられています。乗り移られた人が突然、その人が話せないはずの言語(日本語を話すこともあるそうです!)で喋り出すこともあるというのですから驚きです。

さて、沖縄の石敢當のほとんどは道路の突き当たりに設置されていますが、澎湖の場合は突き当たり以外の場所でも多く見かけ、中には家の門や屋根に設置されたものもあります。また、必ずしも「石敢當」と書いてあるわけではなく、珍しいものでは「魑魅魍魎」と書いてあります。なお、この石敢當は「後寮村」にあり、澎湖で最大の石敢當です。大きさはなんと高さ191cm、幅は107cm、厚さは16cmもあります。

そのほかにも「南無阿弥陀仏」と書かれたものや図案が描かれたものなど様々です。形状も多種多様で、主に次の6種類の形に分類されます。

  • 平頭形:沖縄でもよくみかける一般的な長方形の石敢當
  • 圓弧形:長方形の上部の両角が丸くなっている石敢當
  • 笏頭形:古代に大臣が王様などに会う時に持っていた細長い板「笏」のような形をした石敢當
  • 多角形:多角形の石敢當
  • 劍尖形:剣のように鋭い形をした石敢當
  • 特殊形:それ以外の形状の石敢當(ツボのような形のものや天然の石をそのまま使ったものもある)

澎湖の石敢當は種類が様々で、一見石敢當に見えないものも石敢當だったりします。澎湖を旅行中に石版を見かけたらぜひ、それが石敢當がどうか確かめてはいかが? いろんな種類があって面白いですよ。

沖縄だけじゃない。澎湖(ポンフー)にもたくさんある石敢當 | ラブ ポンフー