宮坂大智

村おこしNPO法人ECOFF代表理事。趣味は荷物のパッキング。老け顔なので10代の頃からよく30代に間違われていた。と思ったらもうアラフォーになっていた。基本、自宅で仕事をしているので近隣住民からはヒモだと思われているのが最近の小さな悩み。

古びた灯台が夢の国へと大変身。台湾でラプンツェルに会いに行こう

澎湖のいたるところで見かけるパブリックアート作品。女の子ならだれもがあこがれたであろうディズニープリンセスをモチーフにした作品も登場。

白沙

澎湖追風音樂節

2022年8月13日から9月24日までの間、毎週土曜日18:30〜21:30に観音亭海浜公園で音楽フェスが開催されます。

馬公市内

澎湖県農協が、早どり落花生の収穫体験を実施

澎湖県農協が「早どりピーナッツ収穫体験」を実施。200人を超える参加者が照りつける太陽の下、汗をかきながら収穫体験を楽しみ、袋いっぱいのピーナッツを持ちかえりました。

人気フォトスポット「天国の道」、道路工事のため往復徒歩1時間かかる秘境に逆戻り

海に浮かぶ道のように見える「天堂路(天国の道)」。もともとは知る人ぞ知る「秘境」でしたが近年は人気の観光地となっています。しかし、道路工事のため車両の乗り入れが規制されたことで秘境へと逆戻りしました。

白沙
嵵裡の砂浜に放流されたウミガメの写真

世界ウミガメの日に、台湾の離島澎湖(ポンフー)で11匹のウミガメを放流

澎湖県政府は、世界ウミガメの日にあわせ嵵裡の砂浜で11匹のウミガメを放流しました。しかし、現地住民からはもう4年もウミガメの産卵を見かけないとの声も。

旅のはじまりにビジターセンターで澎湖の基本情報をチェック!(特にグルメ)

澎湖のグルメ、年間行事、景色などをトップテン形式で予習できるビジターセンター。空港から市内までの途中にあります。

湖西

台湾版「青の洞窟」と、忘れ去られた故郷「西吉」

海蝕洞「藍洞」で有名な南方四島の無人島「西吉」。上陸してみると、そこにはかつての繁栄と、真上から見る藍洞の絶景が。

南方四島
離島

快晴の澎湖(ポンフー)を、2日間じっくりとおたのしみいただきました!

2022年は天気が不安定ですが、端午の節句は快晴となりました! 2日間のガイドのようすをご紹介します。

春節も営業中!な澎湖(ポンフー)の観光スポット【2022年版】

春節(旧正月)といえば、連休。ということで、台湾在住の方は各地の旅行を楽しまれる方も多いのではないでしょうか?今回は春節に澎湖に来られる方向けの情報をまとめました。

馬公市内

澎湖(ポンフー)でここだけ!◯◯◯の島「花嶼」で見逃せない3スポット

澎湖(ポンフー)の離島の中では訪れる機会の少ない「花嶼(ホワーユー)」ですが、実は、日帰りで行ける上に、まるで海上のアルプスのような絶景を楽しめるとっておきの島です。

桶盤・虎井・花嶼
離島

澎湖(ポンフー)でリゾート気分を味わえるおすすめビーチは、時裡(スーリー)だ!

ビーチがあちこちにある割に、きちんとした施設のあるビーチは少ない澎湖(ポンフー)。ですが、それは2020年までのお話。時裡(スーリー)ビーチが、とってもリゾートライクなビーチに生まれ変わりました!

澎南
澎湖(ポンフー)花火大会 特別会場ツアー予約

澎湖(ポンフー)花火大会 特別会場ツアー予約

2021年の澎湖(ポンフー)海上花火大会は、メイン会場の「観音亭」の他に、離島「七美(チメイ)」「望安(ワンアン)」「吉貝(ジーベイ)」でも開催されます。これらの特別会場の花火を観賞するための特別ツアーのご予約はこちらからどうぞ。