Select Page

ジャンキーな夜食にピッタリ?「七里香鹽酥雞」

ジャンキーな夜食にピッタリ?「七里香鹽酥雞」

今回ご紹介するのは、台湾人の夜食の定番とも言える「鹽酥雞(イエンスージー)」です。

鹽酥雞とは、簡単に説明すると台湾風唐揚げのことで、台湾では定番の屋台です。

お店の前には鳥の唐揚げ以外にも魚の練り物や卵豆腐、野菜などバラエティに富んだ具が並んでいます。

七里香鹽酥雞

お店の前にはさまざまな具が並んでいる。これを自分でカゴに入れて渡すとその場で揚げてくれる。

そのなかから好きなものを選んで注文すると、その場で揚げてくれるので、いつ行っても揚げたてが食べられるんですよ!

ルル
私はコレが大好き!
ダイチ
鹽酥雞の屋台は、夜市やお寺の前には高確率でが出店しているから、数ある屋台料理のなかでも特に数が多いと感じるね。

こちらの「七里香鹽酥雞(チーリーシャン イエンスージー)」は、市内からバイクで10分ほど離れた「祖師廟(スーズーミャオ)」というお寺の前にあります。

七里香鹽酥雞

祖師廟の前には他にも、ドリンクスタンドや定食の屋台もあり、毎晩地元の人で賑わっているんですよ。

さて、こちらが今回私達が注文した鹽酥雞です。欲張って注文しすぎてしまいました?

七里香鹽酥雞

ほとんどの具はごちゃまぜになって一つの紙袋に入れて渡されるが…

七里香鹽酥雞

こちらの卵豆腐のように柔らかいものは別の紙袋に入れてくれる。ちょっとした心遣いが嬉しくなる。

鹽酥雞は、日本の唐揚げよりは衣が薄く、そして香辛料が多く使われているのが特徴です。

具はどこのお店もだいたい同じなので、最初は色々な具を試してみるのですが、だんだんいつも注文するものが決まってきます?

ルル
私のお気に入りは、鶏皮(ジーピー)。カリッカリに揚げてあるのが美味しいと思う!

鶏皮はしっとりと揚げるお店とカリカリに揚げるお店とあるのですが、七里香鹽酥雞はどちらかというとカリカリ系です。ルルはカリカリのがお好みのようですね。

ダイチ
ぼくが好きなのは、百頁豆腐(バイイエドーフー)という豆腐なんだか練り物なんだかよく分からない食べ物。ふわふわしています。

百頁豆腐もサクサクに揚げるお店としっとりと揚げるお店があるのですが、私の好みはしっとりフニャフニャ系。七里香鹽酥雞はこのタイプです。

また、九層塔(ジョーチェンター)という台湾バジルやニンニクもいっしょに入れてくれるお店が多いのですが、これも揚げ方がお店によって違います。

七里香鹽酥雞のニンニクは生っぽいのではなく、揚げニンニクです。生っぽいニンニクは辛すぎることがあるので、私は揚げてくれたやつの方が好みですね。

むしろ日本だと単品で売られるであろう揚げニンニクが無料で付いてくるのは得した気分になります。

七里香鹽酥雞は、いつも並んでいて地元の人に人気で、いつ行っても結構並びます。

お茶スタンドも隣にあるので、ちょっとジャンキーなローカルフードが食べたい方はぜひお試しください!

七里香鹽酥雞 詳細情報

七里香鹽酥雞

ラブポンフーへのお問い合わせは、メール・LINE・お電話で受け付けております。
お気軽にご連絡ください!

Love Penghu とは?

  • 澎湖(ポンフー)は、台湾にある美しい離島。Love Penghu は、澎湖在住の日本人ガイドによる、澎湖を楽しみたい皆様のためのガイドブックです。

澎湖(ポンフー)エリアマップ

ジャンキーな夜食にピッタリ?「七里香鹽酥雞」 | ラブ ポンフー