⚠️ 台湾国内での新型コロナウイルス感染者増加にともない、一部の施設が休館となっています。

ページを選択

外はパリッ、中はトロッ。市場の「紅豆餅」を食べよう

外はパリッ、中はトロッ。市場の「紅豆餅」を食べよう

澎湖(ポンフー)の現地の人で賑わう「北辰市場」の外れに、小さいけど安くて美味しい「紅豆餅」を売っている屋台があります。

何気なく歩いていると気づかずに通り過ぎてしまう、それくらい地味なお店ですが、通り過ぎないで! 1個10元で食べられる紅豆餅は小腹が空いた時にピッタリです。

紅豆餅は小麦粉でできた柔らかい円筒状の生地に小豆やクリームを入れたお菓子で、日本の今川焼きにソックリです。

定番は、紅豆餅なだけにもちろん紅豆(小豆)。その他にも、クリーム(奶油)、日本人にはちょっと意外なダイコンやコーンが入っているものもあります。

個人的には、今川焼きなのにしょっぱいダイコン味が好きですが、今回ご紹介するお店で一番美味しいと思ったのは、クリーム味です。

📜 このお店の紅豆餅のメニューは?

紅豆(hong dou/ホンドウ):小豆
奶油(nai you/ナイヨウ):クリーム
大豆(da dou/ダードウ):
玉米(yu mi/ユィミィ):コーン

このお店のクリームは、甘すぎず、甘くなさすぎず、微妙にちょっと酸味があって絶妙な味なんです。そして何と言っても、このお店の生地はパリッとしていて美味しい!

台湾の夜市で食べられる紅豆餅の生地はなんだか柔らかいだけのものが多くて…。

もちろん、それはそれでフワッとしていて美味しいんですけど、このお店のパリッサクッとした生地を味わってしまうと、もう柔らかい生地には戻れません。

しかも、台湾の紅豆餅は1個12元のことが多いのですが、さすが澎湖。2元安くておトクです。

もちろん、中身のクリームもたっぷり入っている。やみつきになる味だ。

北辰市場を見物した後に、このお店に来て紅豆餅を1個食べてみてはいかが?

安いし、小さいので全種類味見してもいいかもしれません。が、生地がパリッとしているうちにすぐに食べてくださいね!

北辰市場紅豆餅 詳細情報

  • エリア:馬公
  • グルメの種類:ローカルフード
  • お店の形態:屋台
  • 場所:澎湖縣馬公市光復路100號
  • アクセス:

    バイク/車で市内から約5分 中正路を北に進み、突き当たりの中正小学校を右 → 左折して203号線を進む → 治平路を右折 → 斜め左方向に左折して光復路を進む → 右側[到着]

  • 営業時間:11:00~18:00
  • 所要時間:10分
  • 1人あたり予算:10元前後
  • 推奨人数:一人でも大丈夫

ラブポンフーへのお問い合わせは、メール・LINE・お電話で受け付けております。
お気軽にご連絡ください!

Love Penghu とは?

  • 澎湖(ポンフー)は、台湾にある美しい離島。Love Penghu は、澎湖在住の日本人ガイドによる、澎湖を楽しみたい皆様のためのガイドブックです。




外はパリッ、中はトロッ。市場の「紅豆餅」を食べよう