Select Page

少人数でも澎湖(ポンフー)の本格料理を味わえる! 西嶼の「星月灣」

少人数でも澎湖(ポンフー)の本格料理を味わえる! 西嶼の「星月灣」

海外旅行と言えばグルメ! なワケですが、台湾のレストランで困ることはなんだか知っていますか? メニューが中国語だから分からない。そもそも注文の仕方が分からない。チップとかいるの? 店員さんはどうやって呼べばいいの? いや、衛生状況はどうなんだ…? などなど、海外のレストランはドキドキの連続ですよね。

そんな中でも台湾の場合、特に困るのは『量が多い!』ということです。

旅行者としては、ご当地名物を少しずつ味わうという乙な体験をしたいわけですが、中華料理というのはとにかく一品あたりの量が多いもの。しかも、それを半分とか4分の1の量にしてくれるお店はほとんどありません。ですから、台湾のレストランには最低でも4〜5人で行かないといろんな料理を楽しむことはできないのです。5人で5種類の料理を注文してシェアする。それでも残るくらいの量というのが一般的です。

ちなみに台湾ではレストランで食べ切れなかった料理は「打包(da bao|ダーバオ)」と言えばテイクアウト用の紙箱かビニール袋に入れてくれます。レストランで注文した料理の残り物を持ち帰るなんて恥ずかしい…なんて思うかもしれませんが、これは台湾だけでなく欧米でもごく普通の習慣です。食べ切れなかったぶんを持ち帰れない(というか恥ずかしい)文化は日本特有のものなのかもしれません。

食堂とレストランの違い

いわゆる食堂にあたるのは「小吃部(シャオツーブー)」と呼ばれ、レストランは「餐廳(ツァンティン)」と呼ばれます。小吃部は地元の方が毎日の食事に使い、餐廳はお祝いの時や友達同士で集まるときに使うことが多いんですよ。

さて、一皿あたりの料理が多いということは、カップルや夫婦で台湾旅行する場合レストランではせいぜい3種類くらいの料理しか楽しめないということになります。なので少人数で来られる方は少人数用のセットメニューを提供してくれるレストランでのお食事がオススメです。

というわけで今回は、少人数でも澎湖(ポンフー)ならではの料理を存分に楽しめるレストラン「星月灣(xing yue wan|シンユエワン)」をご紹介いたします!

「星月灣(シンユエワン)」までは市内から車で約40分

今回ご紹介するレストラン「星月灣(xing yue wan|シンユエワン)」は、澎湖本島から橋を2つ渡った島「西嶼(シーユー)」にあります。西嶼には「大菓葉玄武岩」という柱状玄武岩を見られる場所や、サンゴの石で建てられた家並みが美しい「二崁(アーカン)」という集落があったりと観光スポットに事欠きません。そのため、星月灣(シンユエワン)に行かれる場合はお食事だけでなく周辺の観光もセットにすると良いですよ。

市内を出て県道203号をまっすぐ西嶼の方面へと走り、跨海大橋を越えてしばらくすると右手に「田媽媽(ティエン・マーマー)」と書かれた緑色の看板が見えます。

ちなみにこの写真は市内に向かう方面から撮影したものなので、市内からやってくるとちょっと見えづらいので注意が必要です。

Q. 田媽媽とは?

「星月湾」より「田媽媽」の文字の方が目立つので、レストランの名前が田媽媽だと思いがちなのですが、田媽媽は2001年に行政院農業委員の主導で誕生したブランドのことです。地産地消だけでなく、油分・塩分・糖分を抑えた食物繊維豊富な田園料理が田媽媽ブランドの特徴です。

レストランには広々とした前庭があり、駐車場は向かって左側にあります。駐車場の裏には畑もあり、ラブポンフーが訪れた時にはたくさんのドラゴンフルーツが実をつけていました。野菜はこの畑で採れたものを使い、魚は地元の漁師さんから買っているそうです。

澎湖(ポンフー)おすすめのレストラン「星月湾」

料理はスープとデザート付きで8種類以上、お値段は250元!

さてさて気になる料理の方は、こんな感じです。季節などによって料理の内容は変化しますが、必ず8種類以上の料理を楽しめます。この日はご覧の通り11種類もの料理がテーブルに並びました。写真は2人ぶんの量です。白ご飯はセルフサービスでおかわり自由です。お茶は澎湖名産のハーブティー「風茹茶」で、少しだけ砂糖が入っていました。料理の味付けもグッドで、量にも満足しました。

どの料理も澎湖名物で、澎湖産の食材が使われています。今回は予約をしなかったためデザートはドラゴンフルーツになりましたが、裏の畑で育ったもぎたての実だと考えるとぜいたくな気がします。これだけあって、お値段は一人あたり250元ですよ!

かぼちゃビーフン

キュウリと貝柱の和え物風

エビの唐揚げ

豚の角煮風

ゆでイカ

小さいけど味が濃い魚

チキン冬瓜スープ

澎湖ヘチマ

お米や色々な具が入った揚げ物

干しキャベツ料理

必ず予約をしてから行きましょう

後で知ったのですが、「星月灣」は基本的に予約をしないと食事ができないようです。今回はたまたま団体客が来ていたので食材に余裕があり、特別に飛び込みで食べることができました。

確かに、料理を少しずつ作るのは面倒だし食材の準備も大変です。事前に予約をすると時間が縛られてしまうデメリットもありますが、それだけの価値があるレストランだと思います。

西嶼観光の際のランチにぴったりな場所にありますので、ご興味のある方はぜひ食べてみてください。

星月湾(シンユエワン)

星月湾

星月湾

星月湾(シンユエワン)

  • 場所:澎湖縣西嶼郷大池村132號
  • 営業時間:午前11時から午後2時・午後5時30分から午後7時30分まで
  • 電話番号:06-998-3455
  • 予算:1人あたり250元

ラブポンフーへのお問い合わせと予約は、メール、LINE、お電話で受け付けております。
お気軽にお問い合わせください!

少人数でも澎湖(ポンフー)の本格料理を味わえる! 西嶼の「星月灣」 | ラブ ポンフー