Select Page

澎湖(ポンフー)の海の正しい楽しみ方

澎湖(ポンフー)の海の正しい楽しみ方

梅雨が明けてからというもの、澎湖(ポンフー)には、ほぼ毎日最高の青空が広がってます。クーラーのないオフィスは気温35度に達し、しばらくは夏バテでなかなか元気が出ませんでした。

が、最近はようやく暑さにも慣れてきたのか、少しずつ人間らしい生活を取り戻しています!

木陰のある「林投ビーチ」は特にオススメのノンビリスポット

澎湖(ポンフー)の林投ビーチ

ということで、せっかくの夏を楽しむために海に泳ぎに行きました。澎湖(ポンフー)に引っ越したら毎日海で泳ぐぜ! と思っていました。が、沖縄でも地元の人ほど海で泳がないのと同じで、澎湖に引っ越すとあんまり海で泳ぐ気になりませんでした(笑)

なので今回が今年初の海です。林投公園のビーチ。最高です。

林投は澎湖の他のビーチと違い、海のすぐ後ろに林が広がる公園があるので、木陰がたくさんあり気持ちいいです。

愛犬「たぷり」も海へ。まだ小さかった頃は波を怖がっていたので心配でしたが、今回は無理やり抱っこして足の届かないところでお腹を支えてあげたら泳ぐ泳ぐ!

しかもよく見たらしっぽを振っているし、砂浜に戻った後に海から呼びかけたら自分で海に入って泳いで向かってきました。かわいい!

海もぬるくて気持ちいいし、林投の海はあんまり透明度が高くないけど、やっぱり南国感たっぷりでいい気分です。

7〜8月の澎湖(ポンフー)の海はクラゲに注意!

澎湖(ポンフー)の犬

ところがルルと二人で交互に「たぷり」を呼んで泳がせていると、急に体に異変が。

なんかチクチクする。チクチクピリピリするぞ〜!!

ルルにきくと何ともないといいます。もしかしてアレルギー? 子どもの頃「塩かぶれ」したことがあるけど、塩かぶれは痛いんじゃなくて痒くなるんだけどな〜。

細かいキズが塩水でしみているのではないかと指摘され、そうなんかなと思って泳ぎ続けるもやはり痛い!

するとルルにも異変が。同じようにチクチクヒリヒリするらしい。

なんだ、クラゲじゃないか!

チクチクするところがみるみるミミズ腫れに。あ〜、懐かしい。子どもの頃よくクラゲに刺されたなあ…。

クラゲに刺されたら海水で洗おう

クラゲに刺された痕

なんて呑気なことを言っていられるのはどうやらぼくだけで、ルルはクラゲに刺された経験がほとんどないので一所懸命ググってました。上の画像はクラゲに刺された痕のものです。こういうのになる場合もあれば、ミミズ腫れみたいになることもあります。

それによると、もしクラゲに刺されてしまったら、あわてずに海水で洗い流しましょうとのこと。真水より海水の方が毒素が流れやすいそうです。

ちなみにクラゲの毒も様々なので、もし心配に感じたら市内にある「澎湖医院」か、市内か少し離れたところにある「三軍医院」に行きましょう。どちらも公立の病院です。

余談ですが子どもの頃はオシッコをかけてたような…。クラゲの毒にはアンモニア水が効きますよね。

南風が吹く時と南側のビーチは特に要注意!

地元の友人の話によると、クラゲは南からやってくるので、南風が吹いているときは特にクラゲが多くなるんだとか。そのため、南風が吹くときの南側の海は特にクラゲが増えるんだそう。

ということは、今回やってきた林投ビーチは南側だし、南風が気持ち良かったからまさに『クラゲ注意ビーチ』&『クラゲ危険日』のコンボではありませんか。

その他、山水ビーチや嵵裡ビーチも南側なので要注意ということですね!

7〜8月の南風が気持ちいい日はビーチでノンビリがおすすめ

澎湖(ポンフー)のビーチ

ということで、7〜8月の澎湖(ポンフー)はクラゲが出やすいので、あんまり海に入らないか、入るならちゃんとした装備(ウエットスーツほどではなくても長袖と長ズボンの水着)をした方が無難ということでした。

南風が吹いているときは、風が気持ちいいのでシートを持ってビーチでノンビリするのが一番かもしれません。

ぼくらはクラゲに刺された後は銀マット敷いてノンビリ過ごしました。Bluetoothスピーカー持ってってハワイアンミュージックかけると完全にリゾート気分です(笑)

皆さんも夏休みに澎湖に遊びに来られるときは注意してくださいね。でもビクビクしててももったいないので、泳ぎたくなったら泳ぎましょう!

澎湖(ポンフー)の海でのお役立ち情報

・7〜8月はクラゲが多いです。注意して泳ぐか、長袖長ズボンの水着を着た方がいいかも。

・南風が吹いているときはあまり海に入らないようにしましょう。

・南側のビーチは特に注意です。

・人が泳いでいるビーチのほとんどにお手洗いと更衣室、シャワーがあります。

・日本と違って「海の家」的なものがあるビーチはほとんどありません。

・ほとんどのビーチは日差しが強く日陰が全くないので注意しましょう。

・ビーチには基本的にライフガードはいません。自己責任で泳ぎましょう。

・昼間に泳ぐと暑く日焼けもしやすいので夕方前くらいが最適です。

・急に深くなっているところがあります。また海流が複雑なので遠くまで泳がないようにしましょう。

自然を敬いながら楽しく過ごしましょう

澎湖(ポンフー)の林投ビーチ

澎湖(ポンフー)の海はキレイですが、キレイということは自然そのものだということ。そこには美しい魚や風景もありますが、危険な環境や生物も潜んでいます。しかし「海外の海は危ないから」と言って自然を満喫できないのはもったいない!

自然を敬う気持ちがあれば危険な目には遭いません。それから、ゴミは必ず持ち帰って、他人が出したゴミでも目についたら積極的に拾って海をキレイにしましょう。澎湖の環境を守るのは全ての人の責任です^_^

ラブポンフーでは、澎湖の海を安全に楽しめるシュノーケリングツアーや、体験ダイビングのご案内もしております。ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

ラブポンフーへのお問い合わせと予約は、メール、LINE、お電話で受け付けております。
お気軽にお問い合わせください!

Love Penghu とは?

  • 澎湖(ポンフー)は、台湾にある美しい離島。Love Penghu は、澎湖在住の日本人ガイドによる、澎湖を楽しみたい皆様のためのガイドブックです。

最近のツイート

澎湖(ポンフー)の海の正しい楽しみ方 | ラブ ポンフー