ページを選択

2020年の澎湖(ポンフー)海上花火節について

2020年の澎湖(ポンフー)海上花火節について

台湾のグルメ・自然・文化すべてを一度に味わえる夢のような島「澎湖(ポンフー)」。

澎湖といえば、毎年4〜6月までの2ヶ月間ロングラン開催される「海上花火節」が有名です。

2020年は、4月20日から6月29日までの毎週月曜日と木曜日に開催されることが決まりましたが、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、7月6日から9月3日までの毎週月曜日と木曜日に開催が延期されました。

今回は、2020年の澎湖国際海上花火節についてご案内します。

実際の様子はこちらの記事をご覧ください。

2019年開幕の時の様子はこちら!:2019年・澎湖海上花火大会が開幕!

期間と開催日時

2020年7月6日(月)〜9月3日(木)

上記期間の毎週月曜日木曜日 午後9時から約10分間

それ以外に7月18日(吉貝)、8月1日(七美)、8月15日(望安)で開催されます。(カッコ)内は開催場所です。

特別会場の打ち上げ時間は記事公開時点では未定です。

花火打ち上げの前にステージで様々なパフォーマンスが行われますので、花火だけでなくそちらも楽しんでくださいね。

会場

メイン会場:馬公市 観音亭園区

特別会場:7月18日(吉貝)、8月1日(七美)、8月15日(望安)

特別会場は離島です。澎湖空港到着後に船での移動が必要です。

鑑賞するためには、現地旅行会社のツアーに参加するか、定期船で移動し現地に宿泊する必要があります。

恐れ入りますが、本記事公開時点ではラブポンフーでは特別会場での鑑賞のためのツアー手配は行っておりませんのでご了承ください。

会場の場所

観音亭(メイン会場)

メイン会場

吉貝

7月18日(土)の花火大会会場

七美

8月1日(土)の花火大会会場

望安

8月15日(土)の花火大会会場

ポイント

最初の花火大会が開催される7月6日は例年通りであれば、通常より豪華な花火が打ち上げられます。

澎湖(ポンフー)は雨があまり降らない地域ですが、万一雨天になった場合は中止になる場合がございますのでご注意ください。

そして、2019年の海上花火大会からは、なんと200台ものドローンを駆使した最新のパフォーマンスが披露されて話題になりましたが、2020年はウォルト・ディズニー・カンパニーと協働するとのこと。楽しみです!

2020年は、ディズニーと協力したパフォーマンスに期待!

2019年は200台ものドローンを活用したスカイショーが話題になりましたが、2020年はなんとディズニーとの協力が発表されました。

ディズニーの人気キャラクターがドローンショーによって大空に描かれる予定です。

澎湖(ポンフー)往復航空券の手配は早めにしましょう!

澎湖(ポンフー)には毎年100万人を超える観光客(2019年は130万人!)が訪れますが、観光シーズンは毎年4〜9月の半年間に集中しており、この時期に年間の7〜8割の観光客が訪れます。

特に観光客が増加するのが5月と7月で、この時期の週末および花火大会が開催される火曜日と木曜日は航空券の入手が困難なことがあります。

そのため、5月と7月に澎湖へのお越しをご検討の方は、宿泊場所の確保よりも航空券の確保を優先するのをオススメします。

というのも、2017年の時点での澎湖の宿泊施設の部屋数は1日あたり6,439部屋もあり、宿泊可能な人数は1日あたりの飛行機の席数よりも多いう有名なジョークがあるため、宿泊先はどうにでもなる可能性が高いからです。

なお、嘉義や台中、高雄から船でのアクセスも可能ですが、台湾人の友人・知人がいるか、ネイティブ並みの中国語が話せる人以外は予約が困難ですので気をつけましょう。

飛行機の座席数より宿の部屋数が多い!?

ちなみに1部屋あたりに宿泊できる平均人数を3人とすると、宿泊可能な人数は1日あたり20,000人くらいになります。台湾では家族やグループ旅行用に6人部屋があるのはザラですし、ドミトリーも1部屋と計算されていると考えるとこの数字はかなり控えめだと思います。

そして、1日あたりの飛行機を60便と仮定し、機材から座席数を計算すると多く見積もって100席なので、1日に6,000人しか澎湖に来ることができない計算になります。

もちろん、その他に嘉義と高雄からの船便もあるので実際に1日で澎湖に来ることができる人数はもっと多くなりますが、それでも20,000人を超えるとは考えにくいです。

ということは、やっぱり「澎湖には飛行機の座席数より多くの宿がある」というジョークはあながち嘘ではないんですね〜。

とはいえ人気のホテルや市街地に近い宿は早めに予約が埋まってしまうので、航空券も宿の手配も早め早めにするようにしましょうね。

なお、航空券と宿の手配をスムーズにするためには、台湾の連休の時期とかぶらないように旅行計画を立てるのがコツです。

ラブポンフーのゲストハウスもご利用ください!

また、2019年4月より、私ダイチがオーナーを務めるゲストハウスもオープンしています。

詳しくは、起點旅行【はじまりのゲストハウス】D.C.INN -澎湖(ポンフー)ゲストハウス-や、澎湖(ポンフー)に日本人経営のゲストハウスがオープンします【事前告知】澎湖(ポンフー)ゲストハウス、ご予約受付を開始いたします!をご覧ください。

ありがたいことなのですが、2019年の4月から6月のシーズンは台湾人観光客が非常に多く、早い時期から満室になってしまい、多くのお客様をお断りすることとなりました…😓

そこで今年からはもう1軒の民宿をオープンいたしましたので、より多くの方にご利用いただけると思います。

ということで、7月から9月に澎湖にいらっしゃる場合は、月曜と木曜日がオススメです! が、市内のホテルや民宿はすでに満室のところも多いので、ご予約はお早めに!

ラブポンフーへのお問い合わせは、メール・LINE・お電話で受け付けております。
お気軽にご連絡ください!

Love Penghu とは?

  • 澎湖(ポンフー)は、台湾にある美しい離島。Love Penghu は、澎湖在住の日本人ガイドによる、澎湖を楽しみたい皆様のためのガイドブックです。

2020年の澎湖(ポンフー)海上花火節について | ラブ ポンフー