Select Page

澎湖(ポンフー)での両替について

澎湖(ポンフー)での両替について

ダイチ
こんにちは、台湾の離島「澎湖」(ポンフー)」でガイドをしているダイチです。よくサングラスをなくすので、今年の夏の目標はサングラスを大事にすることです。
ルル
台湾人のルルです。休みの日はゆっくり寝るのが一番の楽しみです。
ダイチ
さて、澎湖にいらっしゃるお客様からの「困った」「知りたい」で多いことの1つが、両替についてです。
ルル
ということで、今回は澎湖旅行の際の両替についてご説明しますね!
タプリ
(澎湖に来てから困らないように、両替は計画的にね!)

結論:両替は澎湖に来る前にしましょう

まず結論からですが、澎湖では両替はできないと思っていたほうが良いです。そのため、澎湖に来る前に台北や高雄などの国際空港で両替をするようにしましょう。理由は以下のとおりです。

・澎湖空港に両替所はない
・ホテルで両替はできない

なお、両替は日本ではなく台湾ですることをオススメします。日本では台湾元を取り扱っている銀行が少ないこと、また、手数料が高いことが理由です。

澎湖空港に両替所はありません

意外なことに、澎湖空港は国際空港にも関わらず両替所がありません。それもそのはずで、澎湖に来る観光客の実に99%が国内の人つまり台湾人なので、両替所の需要がそもそもないのです。(※2016年12月時点の県政府の統計を参考)

ホテルでは両替できません

また、台北では当然のように行われているホテルでの両替は、澎湖では行われていません。ええ〜なんで!? と思われるかも知れませんが、これは法律的な問題なのでホテル側を責めるのはやめましょうね。

ちなみに一部の大手ホテルでは1人あたりの両替額に制限を設けてこっそり両替してくれるところもありますが、あまり当てにしないようがよろしいでしょう。

どうしても澎湖で両替したい場合

どうしても両替したい場合は、以下の方法があります。

・銀行で両替可能(営業時間は平日9:00〜15:30のみ)
・PLUSなどの国際キャッシュカードで日本の口座から引き出す
・クレジットカードを使いATMでキャッシングする

銀行で両替する

澎湖には、台湾銀行、土地銀行、第一銀行、合作金庫、玉山銀行などの銀行があり、これらの銀行の営業時間中であれば両替ができます。

ただし、お昼時はかなり混み合います。両替に時間をかけてしまうと、せっかくの旅行時間が減ってしまいますので、やはり事前の両替がオススメです。

なお、両替の際にはパスポートが必要ですので、お忘れずにお持ちください。

ATMで両替する

また、海外ATMでの利用が可能なキャッシュカードをお持ちの方は、海外キャッシュカードに対応しているATMで日本の銀行口座からお金を引き出すこともできます。

この場合にオススメのATMは、ファミリーマート(全家)やPXマート(全聯)というスーパーにあり、手数料無料で利用できる「國泰世華銀行」のATMです。黄色地に緑色の大木がトレードマークなのですぐに分かります。

ちなみに、2019年現在、澎湖のファミリーマートのATMはすべてこの銀行のものですので、ファミリーマートに行くのが一番です。PXマートはたまに違う銀行のATMだったりしますが、ほとんどの場合は國泰世華銀行のATMが置かれています。

また、台湾銀行のATMも海外キャッシュカードに対応しており、手数料無料で利用できます。台湾銀行のATMは数が少ないですが、澎湖大学の前や、市内の澎湖病院のなかにあります。澎湖大学前のATMは並んでいることが多いですが、澎湖病院内のATMは穴場です。並んでいるところは一度も見たことがありません。

その他のATMは1回あたり100元の手数料を取られることがあったり、ICチップがないキャッシュカードは利用できなかったりするので、私はたいてい、ファミリーマートか全聯で現金を下ろしています。

クレジットカードを使いATMでキャッシングする場合

クレジットカードのキャッシング機能を利用して、ATMから台湾元を下ろすこともできます。この方法が一番レートが良いため、海外旅行好きの方の間ではよく使われている方法です。

ただし、キャッシングはあくまでも借金です。帰国後すぐに返済をしないと利息が付いていきますので、ご利用の際には十分ご注意ください。

結局、ベストな方法は?

1,台湾の国際空港にある両替所で両替する

桃園国際空港、松山空港、高雄空港などの大都市の国際空港で両替をしましょう。少しくらい多めに両替しておけばいいのです。余ったらまた台湾に来た時に使えばいいのですから。

2,澎湖で両替をするなら、少額なら台湾銀行、高額なら玉山銀行で両替する

澎湖にある銀行のなかで平均的にもっともレートの良い銀行は玉山銀行です。しかし、玉山銀行の場合は両替1回あたり100元の手数料が必要になるのに対し、台湾銀行では手数料が無料です。

そのため、だいたい20,000円以下であれば、手数料がかからない台湾銀行で両替するのが無難です。逆に20,000円を超える日本円を両替する場合は、玉山銀行に行った方がお得に両替することができます。

もちろん、この辺のレートは毎日変動しますので、あくまでも目安にしてくださいね。

iPhoneユーザーに朗報! レートをすぐに確認できる便利なSiriショートカットを作りました!

日本の方であれば「1台湾元は今はだいたい3.8円くらいだから、台湾元に4を掛ければ日本円でいくらか分かるな!」と考えますよね。

確かに[台湾元対日本円]で計算するとそうなるのですが、台湾の両替所や銀行での表記は[日本円対台湾元]になります。

例えば、2019年2月10日時点での[日本円対台湾元]は[0.28]です。これを1で割れば[3.57]となるので、1台湾元は日本円で3.57円と分かります。

もし[0.29]なら[3.44]で[0.3]なら[3.33]です。つまり[日本円対台湾元]の数字が大きくなればなるほどレートが良いということになります。

しかし、いきなり今のレートは[0.28]ですと言われてもいまいちピンときませんよね? どちらかといえば、今日の台湾元は[3.57円]ですと言われたほうが分かりやすいですよね? よね?

ということで、

・1タップするだけで、
・一番レートの良い銀行と、
・1台湾ドルあたりの日本円の値段が分かり、
・更に最短距離にある銀行までの経路が表示される

Siriショートカットを作成しました👏

iPhoneにSiriショートカットを入れると、こんな感じで動きます!

iPhoneをお使いの方は、下記リンクをクリックしてください。Androidの方はごめんなさい。

Siriショートカットを入手する

ラブポンフーへのお問い合わせは、メール・LINE・お電話で受け付けております。
お気軽にご連絡ください!

Love Penghu とは?

  • 澎湖(ポンフー)は、台湾にある美しい離島。Love Penghu は、澎湖在住の日本人ガイドによる、澎湖を楽しみたい皆様のためのガイドブックです。

澎湖(ポンフー)エリアマップ

澎湖(ポンフー)での両替について | ラブ ポンフー