Select Page

澎湖(ポンフー)でおすすめのお土産屋さん7選

澎湖(ポンフー)でおすすめのお土産屋さん7選

はるばる澎湖(ポンフー)にやって来た記念に、台湾ではなく「澎湖らしい」お土産を買って帰りたいと思いませんか? 今回は、澎湖ならではモチーフや食材を使ったハイクオリティーなお土産を扱っているお店をご紹介します。

澎坊免税商店

澎湖(ポンフー)でおすすめのお土産屋さん7選

いちばん規模が大きくて無難なのが、馬公空港から車で10分ほど、市内からは15分ほどの場所にある「澎坊免税商店」です。アクセスが悪いのでレンタルバイクやレンタカーがないとちょっと厳しいのですが、規模が大きく種類も豊富なので、自分用、家族用、友達用、職場用などの買い物を一か所で済ませたい場合に便利です。

1階の入り口を入って左側には澎湖雑貨があり、右側には軽食コーナーとお菓子のお土産が揃っています。お菓子コーナーには澎湖のものだけではなく台湾名物も置かれているので何かと便利です。なお、お会計の際に「このカードを持っていますか?」と必ず質問されますが、これは2階の免税店で買い物をした人にしか関係ありませんので、2階で買い物をしていなければ「No(ノー)」と答えれば大丈夫です。

個人的には、澎湖名産のハーブティー「風茹茶(フォンルーチャ)」がおすすめです。ノンカフェインなので妊婦さんも飲めますし、台湾にある義守大学の研究によって抗がん作用も発見された健康に良いお茶です。何より軽いのがいい! 澎坊免税商店では「外婆茶」という名称の商品が売られています。

そのほか、澎湖名物のサボテンとパイナップルが一緒になった鳳梨酥(台湾土産の定番のパイナップルケーキ)や、素朴なのに食べ始めるとハマってしまう「鹹餅(シエンビン)」も澎湖土産の定番なのでおすすめですよ。

澎湖(ポンフー)でおすすめのお土産屋さん7選

澎坊免税商店の名前の通り2階には免税コーナーもあります。なんと台湾には「離島免税」と言う特殊な制度があり、澎湖のような離島では商品を免税で買えたりするんです。もちろん免税を適用するには澎湖から出発する飛行機のチケットを見せる必要があります。なんだか本当に外国みたいですよね。

ちなみに2階の免税コーナーにあるのは一般的な空港で取り扱われている商品ばかりです。お酒、ブランドバッグ、時計、香水などなど。台湾人にとってはメリットがありますが、日本人なら桃園空港で買ったほうが種類も豊富だし荷物にならないですね。

なお、澎坊免税商店はただいま市街地に建設中のホテル「昇恆昌澎澄飯店」の1〜2階部分にオープンするショッピングセンターに2018年2月末に引っ越す予定になっています。こちらは馬公市中心部にある主要なホテルから徒歩でアクセスできる場所ですので、今よりずっと便利になるでしょう。

澎坊免税商店

  • 住所:馬公市 光華里172號
  • アクセス:馬公市内から馬公空港に向かう道の左側
  • 営業時間:8:00〜20:00
  • 電話番号:080-088-9909
  • 商品:お菓子、雑貨、免税品、ファッションまで幅広い

沿著菊島旅行

沿著菊島旅行は、澎湖に訪れる台湾人なら絶対に知っているであろう澎湖専門旅行サイトです。10年近くネットだけで活動をしていましたが、2016年に澎湖のメインストリートである中正路の脇に「ストーリーを販売する」旅行会社として実店舗を構えました。FBグループには2万人以上のメンバーがおり、澎湖を訪れる台湾人旅行者に大きな影響を与えています。

そんな沿著菊島旅行の実店舗で注目したいのがハイクオリティーなポストカードの数々。2016年には2万枚も売れたそうで、いかに旅行者から人気があるのかが分かりますね。写真に一緒に写っているのはオーナーの一筆さんです。

それ以外にも、澎湖らしいデザインのカトラリーやキーホルダー、澎湖名産の宝石「文石」のかけらを詰めた小瓶の他、天然塩やカツオの台湾風ふりかけ、風茹茶のキャンディーなどユニークでハイクオリティーな食品も販売しています。

ぼくが気に入ったのは魚のキーケース。不要になった洋服のハギレを組み合わせて作られたものなので同じものは1つとして有りません。こちらは「家扶中心」という施設でお母さん達が作った手作りの品です。

なお家扶中心は、両親がいない、母子or父子家庭の子ども達が暮らしている施設です。1つ250元で、売り上げは全て家扶中心に寄付されるとのことです。

沿著菊島旅行

  • 住所:馬公市 中興路44號
  • アクセス:中正路を中正国小まで上った途中の左側にあるセブンイレブンの路地の先
  • 営業時間:10:00〜22:00
  • 電話番号:06-926-0302
  • 商品:ポストカードや雑貨、食品など

頂街工房

澎湖(ポンフー)でおすすめのお土産屋さん7選

頂街工房は、馬公市内の旧市街「老街」にある「四眼井」という井戸のすぐそばにあるユニークなお店です。ここでは昔の活版印刷で使われた本物の版(ハンコのようなもの)のストラップを購入できます。

澎湖(ポンフー)でおすすめのお土産屋さん7選

お店には大量の版が置かれており、台湾なので漢字の版がたくさん揃っています。お店のオーナーに頼めば欲しい漢字を探してくれますよ。ちなみにアルファベットや数字、漢字など文字の種類のよってお値段は変わります。せっかくなので、自分の名前や家族の名前の版をお土産にするのはいかがですか?

活版印刷の版以外にも高品質な文具やポストカードも販売しています。変わったお店なので、老街に訪れた際にはぜひ覗いてみてください。

頂街工房

  • 住所:馬公市 中央街37號
  • アクセス:老街にある四眼井の斜向かい
  • 営業時間:10:00〜10:00
  • 電話番号:06-927-2046
  • 商品:活版印刷用の鉛版やポストカード、文具など

澎湖故事妻美術館

澎湖故事妻美術館は、澎湖の桶盤嶼出身のアーティストがデザインした澎湖らしいTシャツやカバンなどを購入できるお店です。どれも個性的なデザインで見ているだけで楽しくなるものばかり。

残念ながら店内の写真は撮影禁止なので、ぼくが購入したお気に入りのTシャツをご紹介します。写真は次に紹介するペスカドーレで撮ったものです。

このTシャツに描かれているのは、澎湖の定番のジョーク「馬公に馬はいない。龍門に龍はいない。猫嶼も猫はいない。花嶼に花はない。虎井島には虎はいない。鳥嶼には鳥はいない。おばあちゃんの澎湖湾はある」が中国語とボポモフォ(台湾人が使うカタカナのような発音記号)と絵で描かれています。

このジョークは「馬公とか龍門とか、地名に動物の名前が入っているけれど、そこにはそんな動物はいないんだよ。」という意味で、最後の「おばあちゃんの澎湖湾」というのは、澎湖の人のみならず台湾人なら必ず聴いたことことがあるはずの「外婆的澎湖湾」という歌のことです。

確かに、馬公に馬がいなくて龍門に龍がいないのは当然ですが、猫嶼は無人島なので本当に猫はいません。だけど鳥はたくさんいます。虎井島には虎はいませんが、その代わり猫はたくさんいます。花嶼は安山岩でできたちょっと荒涼とした島なので、確かに花はあまり咲いていませんでした。なんだか面白いTシャツだと思いませんか?

澎湖故事妻美術館

  • 住所:馬公市 臨海路2之2號
  • アクセス:和田ホテルから海の方の道に進み北に向かったところ
  • 営業時間:10:00〜22:00
  • 電話番号:06-927-4188
  • 商品:オリジナルTシャツなど

ペスカドーレ(百世多麗)

ペスカドーレとは、ポルトガル語で「漁師」のこと。澎湖を最初に発見したポルトガル人が、この島にたくさん漁師がいるのを見て「ペスカドーレ」と呼んだことから澎湖のニックネームになりました。

そのニックネームを冠したホテルの別館にお土産コーナーがあります。ホテルの近くに1軒、それから中正路を下ったフェリー待合所のすぐ裏に1軒あります。

ホテルの近くの方が規模が大きく、免税店も入っています。中に入ってまっすぐ奥に進むとスーパーがあるのですが、そのスーパーの右脇にお土産コーナーがあります。こちらでは澎湖名産を使ったお菓子のほか、地元のアーティストが作ったTシャツや美術品も購入することができます。

品数は少なめですが、澎坊免税商店と同様にセレクトされた高品質なお土産が揃っています。

ペスカドーレ(百世多麗)

  • 住所:
    • 店舗1:馬公市新店路398號
    • 店舗2:馬公市臨海路38號
  • アクセス:
    • 店舗1:馬公市街地から新店路を空港方向に進んだ左側
    • 店舗2:中正路を海に向かって下った右手にあるフェリー待合所の北側
  • 営業時間:9:00〜21:00
  • 電話番号:06-921-0700
  • 商品:お菓子、雑貨など

典醬家

典醬家は、澎湖で定番の食べ物系のお土産が一通り揃うお店です。

澎湖のメインストリートである中正路にあるので便利なだけでなく、試食もできるので安心してお土産を選ぶことができます。

典醬家

  • 住所:馬公市 中正路75號
  • アクセス:中正路から北に向かって歩いた左側
  • 電話番号:06-927-7321
  • 商品:食品

第一酒廠

第一酒廠は、澎湖で唯一の酒造会社です。澎湖の名産品であるサボテンやカボチャを使ったお酒のほか、台湾の定番のお酒である高粱(ガオリャン)酒なども販売しています。

特にオススメなのはサボテン酒。サボテンの実でできているので少しクセのある味がしますが、好きな人ははまってしまう味です。

色もキレイですし、何より話題性があるのでお酒好きな方へのお土産にピッタリですよ。なお、こちらのお店も中正路にあり試飲可能です。

第一酒廠

  • アクセス:中正路と光明路の交差点
  • 商品:お酒

まとめ

いかがでしたか? 最近は澎湖にも若いアーティストが続々と移住してきているので、年々お土産のクオリティーが上がってきています。今回ご紹介したお店以外にも、公園のフリーマーケットでも可愛らしい小物が販売されていたり、手作りのお菓子が販売されていたりしますので、お土産やさん巡りが好きな方観音亭付近や林投公園に訪れてみても良いでしょう。常に開催しているわけではありませんが、たまにフリーマーケットやイベントが開催されています。

とりあえず何でもいいからお土産を買わなきゃ! という方には、澎坊免税商店かペスカドーレをオススメします。アーティストが作った小物が欲しいという方には、沿著菊島旅行、頂街工房、澎湖故事妻美術館がオススメです。みんなにばらまくお菓子選びなら典醬家

、お酒なら第一酒廠が無難だと思いますよ! それではぜひ参考にしてください。

今回紹介したお土産やさんの場所

澎坊免税商店

澎湖(ポンフー)でおすすめのお土産屋さん7選

沿著菊島旅行-人文慢空間

澎湖(ポンフー)でおすすめのお土産屋さん7選

頂街工房

澎湖(ポンフー)でおすすめのお土産屋さん7選

 

 

澎湖故事妻美術館

澎湖(ポンフー)でおすすめのお土産屋さん7選

 

 

百世多麗(1)

 

百世多麗(2)

澎湖(ポンフー)でおすすめのお土産屋さん7選

 

 

典醬家

 

 

第一酒廠

 

 

ラブポンフーへのお問い合わせと予約は、メール、LINE、お電話で受け付けております。
お気軽にお問い合わせください!

澎湖(ポンフー)でおすすめのお土産屋さん7選 | ラブ ポンフー