Select Page

朝から大にぎわい! 案山里の「排骨麺」

朝から大にぎわい! 案山里の「排骨麺」

澎湖(ポンフー)の人なら誰もが知っている排骨麺

台湾といえば屋台文化なのは澎湖も同じで、朝も昼も夜もいろんな屋台が開いています。屋台はお寺の近くにあることが多いのですが、何もない住宅街に急に大人気のお店が現れることもしばしば。今回ご紹介する案山里の案山排骨麺も、そんな閑静な住宅街にあるお店です。

案山排骨麺は毎朝4:00から10:30まで営業している朝ごはんのお店で、毎日早朝からたくさんの人でにぎわっています。澎湖の人に「案山里」と言うと「あの排骨麺があるところね」と即答されるほど有名なお店です。

乾麺

排骨酥湯

通の食べ方は?

台湾は麺料理がすごく発展していて、いろんな種類の麺があるので説明が難しいのですが、排骨麺は日本の料理でいうと酢豚に入る豚肉が入った醤油風味ラーメンのようなものです。もっと細かく説明すると「排骨酥」という豚肉を油で揚げてスープの中で煮込んだものが入っています。

お店にも名前にもなっている通り、看板メニューは「排骨麺」なのですが、通は「乾麺」と「排骨酥湯」というスープをいっしょに食べるようです。確かに乾麺美味しいです。

近くに泊まられる方はぜひお試しを

案山里は馬公市の中心部からは車で10分くらい離れていますが、付近には澎湖を代表するホテル「Pescadore」やバックパッカー、民宿が何軒かあるので、近くに泊まられる方も多いのでは? 朝早くからやっていますので、貴重な一日を無駄にすることもありません。台湾のお店では料理もすぐに出てきます。近くに泊まられる方はホテルの朝食も良いですが、地元の人に愛されるお店で食べるのも一興です。

案山排骨麺の場所

案山排骨麺

案山排骨麺

  • 場所:澎湖縣馬公市経國路153号
  • アクセス方法:馬公市内から県道205号(新生路)を北へ進み、新店路を右折し、文學路を右折したあと、経國路を左折したら左側。
  • 営業時間:午前4時〜午前10時30分
  • 予算:60元から
朝から大にぎわい! 案山里の「排骨麺」 | ラブ ポンフー